読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「宇宙からの贈りもの」 『ウルトラQ』制作第5話

ウルトラQ

「宇宙からの贈りもの」

ウルトラQ』制作第5話

1966年1月16日放送(放映第3話)

脚本 金城哲夫

監督 円谷一

特技監督 川上景司

 

火星怪獣 ナメゴン

身長 30m

体重 1万t

制作順で見ると『ウルトラQ』初めての本格怪獣となる。火星から送られてきた金色の玉の中に入っていた。目から怪光線を出して人間を硬直死させたり岩を破壊したりする。塩水であっけなく溶けた。実は2匹いた。

名前の由来は「ナメクジ」から。「ナメゴン」と言う名前は劇中では使われていない。

 

物語

行方不明になった火星ロケットのカプセルが地球に戻ってきた。しかも、謎の金色の玉二つも一緒に…。実は金色の玉の中には宇宙怪獣が入っていたのだった!

 

感想

ウルトラQ』に限って言えば、怪獣も宇宙人もまだ本格的に登場していないので、劇中で相馬記者が尻込みしたり、宇宙開発局の会議で宇宙人の存在が一笑に付されたのも当然と言える。

 

スーツ姿で宇宙開発局に忍び込む強盗も凄いが、大事な金色の玉を防犯設備の無い木製の金庫に保管していた宇宙開発局も色々な意味で凄い…。

ピストルを持った強盗に果敢に立ち向かった万城目は素直に凄かった。

 

一平は金色の玉に鎖を付けて由利子にプレゼントするが、これは気があると言う事だろうか? それを見た万城目の反応が実に意味深。

 

ナメゴンは宇宙人の存在だけでなく、宇宙には地球人の知らないルールがあるかもしれないと思わせる存在だった。そして由利子が言うには今の地球人には宇宙の仲間に入る資格がまだ無いらしい。このテーマは後の『ウルトラセブン』へと繋がっていく。

 

当初は円谷監督は「幽霊自動車」と「あけてくれ!」の2本を撮影する予定だったが、怪獣路線への変更で「幽霊自動車」は撮影中止になり、代わりに今回の「宇宙からの贈りもの」が急遽用意される事となった。「宇宙からの贈りもの」は「あけてくれ!」より制作ナンバーが若く紹介される事があるが経緯を考えると「あけてくれ!」より制作は後と見るのが正しい。「宇宙からの贈りもの」の脚本ナンバーが「あけてくれ!」より若くなっているのは「幽霊自動車」の脚本ナンバーをそのまま引き継いだからと考えられる。尚、「あけてくれ!」が制作されたのは路線変更時には既に撮影が開始されていたからと考えられる。