読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「あけてくれ!」 『ウルトラQ』制作第4話

ウルトラQ

「あけてくれ!」

ウルトラQ』制作第4話

1967年12月14日放送(放映第28話)

脚本 小山内美江子

監督 円谷一

特技監督 川上景司

 

物語

万城目達は「あけてくれ!」と叫ぶサラリーマン沢村を保護する。催眠術で事情を聞き出すと、沢村は異次元に通じる列車に乗ったらしいが…。

 

感想

怪獣が出ない上に子供向きの内容ではないと言う理由で初回放送では放映されなかった話。しかし、一方で『UNBALANCE』のテーマを最も強く語った話だったとも言える。

 

辛い現実から楽しい夢への旅立ち(逃避とも言う)が今回の話のテーマ。正直言って、友野が羨ましい。自分も夢の世界に行きたい…。

 

由利子が一平を置いて万城目と二人でドライブに行く場面があるが、二人はお互いの事をどのように思っているのだろうか? 『ウルトラQ』のレギュラー登場人物は物語進行役だと思っていたので非常に興味深い場面だ。

 

前回の話で一の谷博士は催眠術の事はよく分からないと言っていたが、今回の話で本田助手が催眠術を使用している。前回の事件で催眠術に興味を持ったのだろうか?

 

異次元列車は宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』がモデルだと思われる。因みに友野はエレベーターで夢の世界に辿り着いているので列車でなくても構わないようだ。

 

夢の世界に関する場面は画面全体を歪ませる事で雰囲気を出していたが、友野が見た夢の世界そのものはあえて出さずに視聴者の想像に委ねた方が良かったと思う。

 

友野を演じた天本英世さんは後に『ウルトラマンコスモス』の「夢の扉」と言う話にトマノ老人役として出演している。内容も本作と対になっているので興味を持った人はぜひ見てほしい。

 

脚本では夢の世界と現実の狭間に迷い込む人が出てきたので、異次元列車で夢の世界に行ける者と行けない者とを区別していたとなっていた。

また、脚本では最後に一平がセスナのトランクに閉じ込められて「あけてくれ!」と叫ぶギャグシーンがあった。これは冒頭で沢村が「あけてくれ!」と叫んで一平が「連れてってくれ!」と叫んでいたのと対になるのでカットされたのは残念だった。(一平は沢村と同じく異次元列車を見る事が出来た人間)

 

脚本は後に『3年B組金八先生』を書く事になる小山内美江子さんで監督は円谷一さん。円谷監督は当初は登板の予定は無かったが今回の話の脚本を読んで登板を決めたとの事。