読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「悪魔ッ子」 『ウルトラQ』制作第3話

ウルトラQ

「悪魔ッ子」

ウルトラQ』制作第3話

1966年6月19日放送(放映第25話)

脚本 北沢杏子(原案・熊谷健)

監督 梶田興治

特技監督 川上景司

 

悪魔ッ子

身長 120cm

体重 不明

催眠術でシナップスが破壊されて出現したリリーの精神。無邪気に笑いながら辺りを徘徊する。肉体のリリーを汽車で轢き殺そうとするが超短波ジアテルミーでリリーの肉体へと戻された。

 

物語

東洋大魔術団で空中を歩く少女リリーが人気を博す一方、夜な夜な不可解な事件が起きていた。リリーは催眠術によって幽体離脱を行っていたのだった。

 

感想

ウルトラQ』の中でも怖い話として知られる話。確かに子供の時に見たら夢に出てきそうな怖さだが、大人になった今見ると「怖い」と言うより「哀しい」と言う気持ちの方が強くなる。

 

悪魔ッ子のリリーは本体の願いをそのまま叶えていく。最後は本体を殺そうとしたと言われているが、それもリリーの願いである「ママに会いたい」を叶える為だった可能性がある。

 

リリーは「知らない、知らない」と言っていたが途中で急にお喋りになる場面がある。そのおかげで万城目達は真実を知る事になるのだが、これはリリーが自分の状態を誰かに知ってほしかったが故の行動だったのかもしれない。

 

父親の赤沼はリリーは生まれつき催眠術が必要な特異な体質と言っていたがこれは逃げであろう。他にもリリーの母親の事をはぐらかしている。悪魔ッ子のリリーはそんな赤沼が生み出してしまった存在と言え、それなら最後にリリーを汽車から救い出すのは万城目ではなくて赤沼にしてほしかった。

 

エンディングナレーションが初回放送時と再放送時の2バージョンある。

初回放送時は悪魔ッ子を生み出した周りの大人達の事を、再放送時は純粋な子供の中に眠る悪魔ッ子の事を強調した内容となっている。

 

相馬記者と絶妙なコンビを見せていた杉本カメラマンが今回の話で死んでしまう。ちょっと勿体無い。

 

本作は熊谷健さんの原案を北沢さんが脚本化した。『UNBALANCE』企画時からプロットがあり、当初は特異な体質を持つ少女の話で催眠術の話は無くて熊谷さんの好きな怪談風民話の趣があった。

初期のプロットの為か、空飛ぶ万能車スーパーカーが登場したり、一平ではなくタイガーと言う人物が登場したりしていた。

 

現在の北沢さんは子供の性教育や人権問題に取り組んでいる。