読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「マンモスフラワー」 『ウルトラQ』制作第1話

ウルトラQ

「マンモスフラワー」

ウルトラQ』制作第1話

1966年1月23日放送(放映第4話)

脚本 金城哲夫・梶田興治

監督 梶田興治

特技監督 川上景司

 

巨大植物 ジュラン

身長 100m

体重 3千t

丸の内のビル街に突如出現した。根で生き血を吸い、毒花粉を撒き散らす。上空からの炭酸ガス固定剤と地上からの火炎放射器の二面攻撃で枯れた。

ジュラ紀の蘭で「ジュラン」。劇中では単に「マンモスフラワー」と呼ばれている。 

 

物語

丸の内のビル街に巨大な根が突如出現し、政府はマンモスフラワー対策本部を設置する。源田博士は研究の為に攻撃を1日延期してほしいと訴えるが、その間にもマンモスフラワーは成長を続け、遂に花を咲かすのであった。

 

感想

手際良くツボを押さえた脚本に丁寧な特撮と名作の幕開けに相応しい制作第1話。

 

レギュラー登場人物だが、万城目淳はセスナのパイロットとSF作家の基本設定をキチンと紹介。特にパイロットの設定はクライマックスでの炭酸ガス固定剤を撒く展開で効果的に使われた。

戸川一平もその三枚目キャラを的確に紹介しているが、江戸川由利子だけは今回はやや影が薄い。

一の谷博士は風貌に声にと存在感が大きすぎで実は主役なのかと思うほどであった。

因みに源田博士を演じた高田稔さんは当初は一の谷博士役の予定だったそうだ。

 

ウルトラQ』はバランスの崩れた自然界が人間に牙を向く作品で、制作第1話である今回はそのテーマをストレートに表現している。しかし、最後は科学兵器が事態を解決する展開に、どのような異変が起きようとも最後は人間と科学が勝利を収める科学万能の思想も見える。

 

記念すべき制作第1話は本多猪四郎監督のチーフ助監督を務めていた東宝の梶田興治さんが監督を、円谷英二監督の一番弟子だった松竹の川上景司さんが特技監督を担当。脚本は金城哲夫さんと梶田監督の共同となっている。

 

本作は『UNBALANCE』企画時からプロットがある。当初は炭酸ガス固定剤ではなくアンモニア水で撃退する事になっていた。また、一の谷博士は番組のホスト役となっていた。